MacでISOファイルをメディア(DVDなど)に書き込む(焼く)

PC

スポンサーリンク

Windows10のISOファイルをMacからメディアに焼く

2019年最後の記事になります。

実家のデスクトップがWindows7のままなので何とかしようと思っていたところ、未だにタダでアップグレードできるみたいなので、DVDを焼いて帰省しようと思いました(実家のインフラ的にギガ単位のダウンロードは避けたい)。

さて書き込むか・・・と思ったら、そういえばMacでDVDを焼いたことが一度もない。。。

ISOファイルを右クリックすると…

とりあえず直感に従って、ISOファイルを右クリックしてみました。

右クリックの結果
右クリックの結果

メディアに書けそうなものがない…。

昔はディスクユーティリティから書けたらしい

「昔はディスクユーティリティから書けた」と言う話が調べた結果出てきたので、ディスクマネージャにISOファイルをマウント。

ディスクマネージャにISOファイルをマウント
ディスクマネージャにISOファイルをマウント

パッと見書けそうな項目がない・・・

書き込み出来そうな項目無し。

じゃあ、メニューにあるのか?

ファイル

ファイルメニュー
ファイルメニュー

「新規イメージ」からはイメージファイルしか作成出来ず、メディアに書き込むことは出来ませんでした。

編集

編集メニュー
編集メニュー

なし。

イメージ

イメージメニュー
イメージメニュー

なし。

表示とかウインドウにはどう考えてもないだろうから省略。

色々試した結果解決

前置きが長くなりましたが、ISOファイルを書き込む方法を見つけました。
以下その方法を記します。

①DVDが書き込めるドライブ(以降DVDドライブ)を接続する

②ブランクメディアをセットする

③ISOファイルをダブルクリックしてマウントする

マウントしたファイル

①〜③まで順不同。および既にマウントしている場合は再マウント不要。

④ディスクのウインドウを選択する

マウントして出てきたウインドウか、Finderからマウントしたファイルを選択する。下の画像は後者のほう。

後者の場合

⑤ファイルメニューを開く

ファイルメニュー

それっぽいメニューがでている。このメニューは書き込みドライブを接続していないと出来ない様子。

⑥「ディスクを作成」を選択

ディスク作成

ディスク名とか書き込み速度とかを一応確認して、問題なければ「ディスクを作成」をクリックします。

⑥書き込みが終わるまで待つ

書き込みが終わるまで待ちます。検証やら何やらするみたいなのでそれなりに時間が掛かりました。

まとめ

DVD書き込みはマウントしたISOファイルを選択した状態で「ファイル」メニューから選択する

後者の場合

この状態(↑)で、

ファイルメニュー

「ファイル」からディスク作成を選びます。