「鷲尾須美は勇者である」をようやく読んだ。特別編の最後がちょっと気になった。

鷲尾須美は勇者である

あけましておめでとうございます(遅)。@bla_tanです。

TVアニメ「結城友奈は勇者である」公式サイト
公式サイト

秋アニメでかなり盛り上がった「結城友奈は勇者である」ですが、前日譚である「鷲尾須美は勇者である」はご存じでしょうか? こちらは小説で刊行されております。

鷲尾須美は勇者である | 人気シナリオライター・タカヒロ氏と人気イラストレーター・BUNBUN氏のタッグが贈る、オリジナルイラストノベル『鷲尾須美は勇者である』の公式サイト。4月30日発売の電撃G’s マガジン6月号から連載開始。キャラクターやストーリーなどは4月30日の正式オープンにてこちらでも公開予定。

どんなもん?

「結城友奈は勇者である」の2年前の物語

TVアニメの2年前の物語です。小説ですが、192ページで全8話。イラストもるので、そんなに長くありません。読みにくくもありませんでした。

TVアニメとリンクする

単体でも読めそうですが、アニメを全部観てから読んだので、「なるほど」「ふむふむ」「ニヤニヤ」な箇所がいくつかあります。

感想?

5話が。5話が・・・。5話が・・・。つらかったです。

後ろの方に「特別編」があるのですが、最後の一文、これはいつの話なんだろう・・・? 「さすがね」と言ったのはわっしーだと思いますが、これはさていつの時点の話なのか。「いつものやりとり」と書かれているだけにちょっと気になったのですよ。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...