【ゆゆゆ】「上里ひなたは巫女である」が連載開始!

ゆゆゆい

スポンサーリンク

電撃G’s Magazine3月号より

電撃G's Magazine3月号
電撃G's Magazine3月号

本日発売の電撃G’s Magazineで「勇者である」シリーズの再コンテンツである、「上里ひなたは巫女である」が連載開始されました! 一ヶ月間待ちわびたぜ!

ネタバレしない程度にざっくりいってみます。

どんな話?

作者の朱白あおいさん、監修のタカヒロさんのインタビュー記事が今月号には載っていたのでそっち参照(買いましょう)

要約すると

  • 勇者以外の人から見た物語
  • 1章5話完結で、全部で3章
  • 赤嶺友奈の話ではない

(これくらいなら書いてもいいだろう…)

1章「上里ひなたひなたは巫女である」は「乃木若葉は勇者である」の補完的な内容

「乃木若葉は勇者である」でひなタンが大赦で権力を握っていったわけですが、どのようにしてそうなったのか、が語られていく模様。

1話は「のわゆ」10話くらいの時間軸

上里ひなたは巫女である
上里ひなたは巫女である

1話が今月号で掲載されてますが、「乃木若葉は勇者である」でいうと10話くらいの時間軸。
その当たりの時間での出来事、巫女同士の会話などが語られていました。

ゆゆゆいでも記念品が配布

とてもめでたいことなので250くらいあっても良いと思うん寝すけどね!

まとめ

これから3×5=15ヶ月楽しみが増えた

毎月月末が楽しみです。

単行本とかはどの単位で出るのだろう…。1冊か2冊くらいになるのかな?

略すと「うひみ」?

なたは女である」なので「うひみ」

「楠芽吹は勇者である」も「くめゆ」で当初なんかぎこちない気がしたような気がしますが、慣れると違和感なくなりましたね…。