WiMAXルータ(WX05)を自宅のネット回線用として使い続けた話

LifeWiMAX, フレッツ

WX05を自宅のネット環境として使っていた

前記事に書いたのですが、フレッツの更新手続きをしてなかったため、使い放題のネット回線用がなくなりました。

それで、WiMAXルータ(WX05)にクレードルを装着し、自宅の無線LANルータと繋げて自宅のネット回線としてWX05を使っていました。

問題点

運用にあたって問題がいくつかありました。

10GB/3日の壁

3日間の通信量が10GBを超えると100kbps位しか出ないような制限がされます。動画視聴やゲームのダウンロードをかなりの容量になってしまい、頻繁に発生。制限されるのは夜〜深夜くらいなのですが、一番使いたい時に使えないので痛い。

WX05が過熱保護状態になる

自宅で使うのでWX05は常時稼働状態になるのですが、時々WX05内の温度が上がってしまい、通信が止められたり、通信速度を制限されたりしていました。

原因がWiMAXハイパワーモードにあるかと思っていたのですが、切っても改善せず

結局光回線を導入へ…

7月に兵庫県に引っ越したのですが、新居(アパート)の電波環境があまり良くなくて、通信速度は遅くなってしまいました。

これと上記の2点が重なって我慢の限界になり、NTTのサービスを再度契約することになりました。

プロバイダ経由(厳密に言うと価格コム経由)で申し込んだのと、新居(アパート)が元々光に対応していた感じだったので、工事代はほとんど掛からずに済みました…。1Gbps(理論値)の環境へ…。

まとめ

WX05は常時稼働環境する場合はよろしくない

WiMAXでガンガンネットを使うのは向かない

制限もあるので、メインで据えるのは向きません。あと過熱するのでWX05は常時稼働環境には向きません。

↓スポンサーリンク↓