【馬】菊花賞の注目馬

馬という名の投資競馬, 馬券

最終結論はパドック観てから

月曜日、パドック観てから馬券買っていれば・・・と激しく後悔したので、ちょくぜんまで馬券買うのはやめます。

予想印

◎ホウオウサーベル
○ニシノデイジー
▲ヴェロックス
3着候補多数

各馬の見解

今回は各馬についての考えを書いていこうと思います。

ザダル

いい馬だね。血統もあって距離が動かなあとは思うのだけど、トーセンラーも3200m走っていたからなあ・・・。

ニシノデイジー

前走はプラス体重では有ったものの、ちょっと緩いかなとは思った。ハービンジャーだからかもしれないけど。

弥生賞は進路がミス、皐月賞は折り合いがつかない、セントライト記念は後ろ過ぎる上に内有利の馬場と、今年はまともに力を発揮できたことがほとんどない
元々はヴェロックスさえも負かしたことのある馬で、実力はあるはず。ルメールで折り合いがつけば。
ただ(ここまで上げておいてなんだが)、ダービーのレースを見ていると勝ちきるまでは厳しいのだろうか。

カリボール

血統と走りからすると前走くらいの距離がいいんじゃないかとは思うけど・・・。

ユニコーンライオン

追い切り見たときはゴツめの馬に見えたので「距離がどうかな」と思ったけど、前走のパドックを見ていると意外に胴が長いし、スラッとしている。距離延びて一発あるのかもしれない。

ワールドプレミア

トライアルは権利取りの競馬でまずまずの内容。ただ、休んでいた割に馬体が減っていたのが気にはなる。同じ競馬では勝ちきるまでは厳しい。
パドックで落ち着いていて、かつ増えていて欲しい。

ヒシゲッコウ

出足がつかないタイプなのか、直線とそれまでとではまるで脚が違う。まだ緩いイメージがあるので、後ろから行って勝ちきれるかは疑問だが・・・。

カウディーリョ

気性がきつめなのか、距離延長はどうだろうね。

レッドジェニアル

これまでのパドックを見ていると気性がきつく見える。パドックで落ち着いていれば。

ヴェロックス

神戸新聞杯を見ていると、少し硬い感じがするのと、仕上がっていたのか細いくらいの感じがした。
ノーステッキだったと言うことが取り出されているが、何か理由があったのかも知れない。
これまでのレースを結構見てきたが、積極的なレースをしないと勝ちきるまでは難しいと思う。

サトノルークス

晩成型。あと、距離が延びるのはどうだろうね。

ホウオウサーベル

前走を見るとまだ緩い。そこから2ヶ月でどれだけ完成に近づいたか、が好走のカギとなるとは思うが、やれると思っている。

折り合いは問題ない。後は枠を克服してくれれば。

タガノディアマンテ

走っている感じでは距離が延びるとどうだろうか。

メイショウテンゲン

重馬場は鬼だと思うが、馬体が減っていたこと、出遅れ癖が解消しないことには。

暫定まとめ

◎ホウオウサーベル
○ニシノデイジー

この2頭は変えないとは思う。

最終馬券

上位陣の予想は変えず。

↑馬連、馬単、3連単BOXは◎○▲

3連複

3連単

↓スポンサーリンク↓