【馬】安田記念の注目馬

馬という名の投資競馬, 馬券

史上最強の安田記念

予想印

◎ダノンプレミアム
○アエロリット
▲サングレーザー
△アーモンドアイ
△ステルヴィオ
△フィアーノロマーノ
☆インディチャンプ

コメント

◎ダノンプレミアム

改めてここ2走の追い切りを見てみたのだが、この追い切りを見ていたらどちらのレースも◎にしなかったかもしれない。「大丈夫なのか?」と言いたくなるような感じだった。

その割には完勝劇を続けていて、中身が整った今回はどれ位のパフォーマンスを見せてくれるのか楽しみにしている。

○アエロリット

相手はアーモンドアイではなく、アエロリット。

前走はスッと行ったわけではなく、押してハナに立っていた。さほど負けてないことを考えると、ぶっつけでなかったら違ったはずだ。

本命にした去年と同じようにここが叩き2走目。どう考えても遅くならないメンツ、高速馬場であるので、この馬の本領を発揮するにはもってこいの舞台。加えて内枠なので、2強を押さえてしまうことも頭に入れている。

▲サングレーザー

追い切りも目立たないし、わかりにくいタイプだが、外枠に泣いた去年と違って内枠に入った。加えて岩田騎手を迎えて一発の匂いが漂い始めた。

△アーモンドアイ

追い切りを見た感じでは数週前のグランアレグリアほど問題がありそうではない。そこそこ順調に来たのではないかと思われる。

ここで狙いを下げるのは、1600mと久々への不安から。そして、(ドバイが得意とは言え)ヴィブロスにちょっとしか差を付けられなかったことから。

考えてみると、ここ2走はレイデオロを引っ込めて勝ち取った勝利と言えなくもない(レイデオロのベストは2000くらいだろう)。使い分けで作られた実績に対して今回は本気の挑戦者。果たしてどう出るか…力は認めるが…。

かつてシンザン記念でこの馬のことをブエナビスタ級と言ったが、そういえばブエナビスタも帰国初戦のマイルで取りこぼしたような…。

△ステルヴィオ

前走の負け方は気にはなるが、今度はマイル。変わってくると思いたい。

△フィアーノロマーノ

ハイペースを押し切った前走は優秀。引き続き時計勝負なら。

☆インディチャンプ

ここ2走を見る限り、反応は早いのだが、長く脚が続かない印象を受ける。となると、勝っているとは言え、この舞台は厳しいかもしれない。

馬券

◎から○▲への馬連。3連複は◎-○▲-印つけた馬(アーモンドアイ除く)

儲けが出ないのでアーモンドアイは基本蹴っ飛ばす。3連単でのみ押さえ。

ないとは思うが、押さえで○▲の馬連。

Posted from するぷろ for iOS.

↓スポンサーリンク↓