【馬】オークス反省

馬という名の投資アイスフォーリス, アイムユアーズ, ジェンティルドンナ, ダイワデッセー, ハナズゴール, ミッドサマーフェア, ヴィルシーナ

惨敗王@bla_tanです。

オークスについてちょっと書いておきたいと思います。

ジェンティルドンナ(1着)

正直、4角でこれにやられるかもな、と思いました。

馬体そのものは本当に素晴らしいと思うのですが、

  • ゴツ目の馬体→マイラー
  • 暴れ気味であったこと→折り合いに不安

と考え、押さえにも入れない暴挙にでてしまいました。

桜花賞で直線だけで勝ったような、切れてかつ、長くいい脚を今日も使われました。

完全に脱帽です。

着差の5馬身は速い流れだったことからきてるでしょうけど、そうでなくてもこの馬が勝ったのでしょう。

ヴィルシーナ(2着)

「この馬が勝つのは難しい。馬券にはなるとおもうけど」

前走を振り返って出てきた結論がこれ。まぁ、その通りでしたね。

アイスフォーリス(3着)

うーん…。速い時計を要求される馬場でここまで走るとは…。渋ったらもっと際どかった?

アイムユアーズ(4着)

勝ちに行った分(負けた)じゃないですかね。どちらかというと、足下をすくうようなレースを期待してたんですけどね。

パドックでの落ち着きぶりは素晴らしかったです。

ハナズゴール(7着)

前回同様、オッと思うところはあったんですけどね。前回と同じくちょっとの間だけでした。チューリップ賞の内容からすると、もっと脚が持続するはずなので、距離が長いか、体調の問題なのでしょう。

ダイワデッセー(11着)

入れ込みは前走よりマシ。それだけにやれる・・・と思っていたのですが。位置取りが・・・。あの位置ではどうにも動けない。能力は高いと思いますので、My注目馬に入れて追っていきたいですね。

ミッドサマーフェア(13着)

…。圧勝を期待してたほどなんですけどね。

牝馬を仕上げすぎるのはよくない、元調教師の伊藤雄二先生が言ってたので、そこは気になっていたんですが…。

それでも4角を向いたときは「ジェンティルドンナとの勝負だな」くらいの手応えに見えたんですけどね。

距離というより、レース前に終わっていたのかもしれません。じゃないと、納得がいかない。

(終わっているのではないか、というのは)僕も気をつけて見ていたんですけどね。分かりませんでした。

↓スポンサーリンク↓