【馬】競馬予想のスタンス

馬という名の投資iPhone, 競馬

 競馬ネタでの更新が続くな、と思う@bla_tanです。勝ったから調子に乗って、勢いで更新しております。きっと今週末にはまた「引退だ〜」とか言うんでしょうね(汗)。

 実はワタクシ(カタカナ)、現在競馬新聞をほとんど買ってません。WINS行ったときはまだ買う方だったのですが、この間行ったときは買いませんでしたねぇ。

 かといって、情報がないと純粋な相馬眼だけで勝負する羽目になるので(そんな自信はない)、僕の情報源は以下になっています。

JRA-VAN競馬App 1.7.1(無料)App
カテゴリ: スポーツ, エンターテインメント
販売元: JRA SYSTEM SERVICE CO.,LTD. – JRA SYSTEM SERVICE CO.,LTD(サイズ: 5.3 MB)
全てのバージョンの評価: (394件の評価)

競馬ブックSmart 1.6(無料)App
カテゴリ: スポーツ, エンターテインメント
販売元: Keibabook – Keibabook Co.,Ltd.(サイズ: 0.2 MB)
全てのバージョンの評価: (23件の評価)
+ iPhone/iPadの両方に対応

注)無料と書いてますが、前者は無料期間があるだけで本当は有料、後者は無料のコンテンツがあるだけで、本命は有料コンテンツの方なのでご注意ください。前者の方はJRA-VAN Next(Winアプリ、有料)使ってれば無料になりますけどね。

文字情報よりレースVTRが大事

競馬新聞から何が分かる?

 競馬を始めた頃、競馬新聞を見ながら、「こんなので何が分かるんだ?」と思ったことがあります。競馬をやるにつれて新聞の見方は分かりましたが、本質的に「これで何が分かるんだ?」というのは未だにあります。

恥ずかしくてしょうがない過去

 新聞に書いてあることがよく分からん。そんなわけで色々試しました。主に以下のようなものを。

  • 血統だけで買う(まさにダビスタ世代)
  • サイン
  • 日付・誕生日馬券
  • レイティング
  • スピード指数
  • 調教時計で4Fだけに注目
  • 競馬エイトの調教評価に頼る(7か8以上に注目)

正攻法の競馬へ

 恥ずかしい過去を経て、「どういう馬なのかタイプを見極めて、買う」という正攻法の競馬予想をするようになりました。ここでやっていることは以下のようなことになります。

  • 前走〜数走前のVTRを見る
  • 前走〜数走前の騎手コメントを見る
  • 前走〜数走前のパドックVTRを見る(要録画)←ほとんどできてない
  • 好走時のVTRを見る
  • 好走時の騎手コメントを見る

 以上を繰り返して、レースの予想を行います。まじめにやると1レースに2時間くらい掛かります。

アプリの用途

 先ほど紹介したアプリは以下のように使います。

JRA-VAN競馬App 1.7.1(無料)App
カテゴリ: スポーツ, エンターテインメント
販売元: JRA SYSTEM SERVICE CO.,LTD. – JRA SYSTEM SERVICE CO.,LTD(サイズ: 5.3 MB)
全てのバージョンの評価: (394件の評価)

JRA-VANアプリは、追い切り・レースVTR確認のために使います。

競馬ブックSmart 1.6(無料)App
カテゴリ: スポーツ, エンターテインメント
販売元: Keibabook – Keibabook Co.,Ltd.(サイズ: 0.2 MB)
全てのバージョンの評価: (23件の評価)
+ iPhone/iPadの両方に対応

 競馬ブックアプリは勝因敗因のコメントレース前のコメント(存在するのはメインレースのみですが)、追い切り時計(直近3本)の確認に使います。正直なところ、追い切り時計はレース間での全部の追い切りが知りたいんですが(どれくらい速い時計で追ったかなど)、それを求めると、月額3000円のサービス(Web版の方)になるので、割り切りました。

 これら2つのアプリを駆使して(駆使するのは自分の頭のような気もするけど・・・)、予想します。

ちなみに

お手軽競馬投票 2.5.1(¥1,200)App
カテゴリ: スポーツ, エンターテインメント
販売元: nakatake – TAKESHI NAKATSURU(サイズ: 1.7 MB)
全てのバージョンの評価: (117件の評価)

 馬券買うのはこれ。これ自体は以前同僚に予想を提供した見返りにもらった(AppStoreの「このAppを贈る」経由)んですが、iPATのWEBページを通さないので手軽に投票できます。入金も手軽にできます・・・ぶっちゃけこの入金機能が最も嬉しい

余談?

 スマートファルコン、マツリダゴッホの生産者である岡田牧雄さんがいうには「全レースのパドックとレースを録画しておくのがよい」そうなんですが、レコーダの残容量の関係でできてません。BD1枚(50GB)にDR画質だと収まらなさそうですね。適当にAVCにして録画できれば行けそうですが、まずは録画領域の確保をしないといけない・・・。一度今週末やってみるか?

↓スポンサーリンク↓