【馬】東京新聞杯の注目馬

馬という名の投資検討, 競馬

予想印
予想印

◎ヴァンドギャルド
○クリノガウディー
▲クルーガー
△キャンベルジュニア
×レッドヴェイロン

◎ヴァンドギャルド

この馬に◎を付けるのはきさらぎ賞以来になるのだろうか。

連勝を続けている本馬だが、この馬の実力を測るのは前走とその次に行われたJCを見比べてみるといい。

JCで好走した馬とこの馬の通った進路を比べると、この馬の方が明らかに外を通っている。それも新人騎手を乗せて、である。
(福永騎手が乗れなくなったため)恐らく経験を積ませるために乗せたとは思うが、どう乗っても勝てるから強気に乗ってこい的な感じで指示したのではないだろうか。

今回は内枠を引いているが、2走前に中を突く競馬をしているからあまり問題ないだろう。

○クリノガウディー

G1マイルCSで対抗評価とした前走はいつもよりは前に付けて終いジリジリ。晩成型の馬だと思っているので現状こんな物だろうか・・・。

今回検討するに当たって改めて前走と追い切りを比べてみたが、今回の方がしっくりくるような動きをしている。前回はどこか噛み合わないような感じがしていた。ジョッキーも変わるし、カチッと嵌まればアッサリまであるかもしれない。

▲クルーガー

8歳だが、内枠だし、一発あるかもしれない。

△キャンベルジュニア

富士Sはそれなりに粘っていた。ベストは1400mだとは思うが、今回は展開的に恵まれそうなので粘り込みを期待。

×レッドヴェイロン

2走前に太いだろうと思って軽視したら勝ちきった。続くキャピタルSも真っ直ぐ走れていたら勝っていたかもしれない。能力はかなり高いと思う。

・・・が改めてパドックで見るとやはりもっさりした感じがする。ルメールファーストということでルメールが乗っているこの馬がノーザンFの一番手だとは思うが、これでどれだけ走るのか。

血統はいつも東京競馬場で3着の血統(クラレント、レッドアヴァンセなど)。

馬券

買うならヴァンドギャルドから馬連か。

また、血統からレッドヴェイロンの3着がありそうなので1,3着流しもよいのかもしれない。

↓スポンサーリンク↓