Windows10の無料アップグレードが期限近いので、仕方なくアップグレードする事にした

超絶久々の更新になります!

@bla_tanです。調べたところ、半年くらい更新してなかったようです。鯖代もったいない!!

Windows10へのアップグレード期限が迫っています

7/29(金曜日)まで!

Microsoftのページによると、7/29までらしいですよ。7/27かと思って、今慌ててこれ書いてる裏でやってるわけですが・・・。

アップグレードされてない方はいつまでなんだろ・・・と思う事は少ないんでしょうか。毎度毎度起動するたびに、アップグレードしろやと出ていたので。

アップグレードしなかったら?

「無料」アップグレード期間なので、もちろん無料ではなくなります。

15000円近くするようですね。高ェ・・・

あとは・・・古いOSを使うことになるので、サポートしてもらえなくなるのが早い、くらいでしょうか。

Win10への無償更新、7月29日を過ぎたらどうなるか |MONO TRENDY|NIKKEI STYLE


3台更新した

僕は、ノートパソコン(Win機)、デスクトップPC、MacMini(VMWare Fusionで使用)と3代PCを持っているので、3台も更新する羽目になりました。

1台目:ノートパソコン

これが悲劇の始まり(嘘)勝手にアップグレードされました。×ボタンとかキャンセルとかしてたつもりだったんですが、かったにアップグレードが始まってしまい、もう戻れませんでした(アップグレード後に戻すことは出来ますが)。

ユーザーの許可なくWindows10に自動アップグレード寸前までいってしまうという報告が相次ぐ – GIGAZINE

アップグレードをして、ビクビクしていましたが、特に問題なく使えています。

2台目:デスクトップPC

我が家で一番高性能。Core i7とかSSDとか積んでるPC。Win7だったわけですが、観念して昨日(7/23)アップグレード。

このPCには動画をエンコードしたりするようなアプリが入っているので、ギリギリまでアップグレードしてなかったのですが、特に問題なし。TV視聴もエンコードも特に問題ないようです(まだ録画はしてない)

3台目:MacMini

普段ゲームやら、馬検討やらこちらでやってるのですが、こちらも互換性の問題が怖く、最後まで放置。

アップグレードしようとすると、VMWareのSVGAドライバ(グラフィックドライバ)に問題があるとか言う警告が出て、これまでの方法通りにアップグレードできません。

色々調べていたら、isoファイルからインストールできるとのことなので、それでインストール。

VMware Fusion 7上のWindows 8.1をWindows 10にアップデートする – 酔人日月抄

注意)インストール完了後、悲しいグラフィック表示領域になってしまうので、VMware Toolsの再インストールが必須です(良く分からんけど再インストールで治るらしい)。

Vmtools

再インストールをクリックすると、DVD/CDドライブにそれのメディアがあることにされているので、ダブルクリックでもして、インストールを開始すればOKです。

「変更」にしても、認識されなかったので(そもそも再起動を促されなかった時点でおかしいとは思った)、「修復」にするとうまく行きました

Install vmtools

isoファイルからインストールしましたが、特にプロダクトキーの入力を求められませんでしたね。無料期間だからか?


まとめ

今のところは問題なし

グラフィックドライバの問題はありましたが、とりあえずうまくインストールはいき、特に問題なく移行できたようです。

ディスクからインストールする系のゲームは一部、ゲームディスクを求められる様子です。環境が変わったからでしょう。

友人がMac内Windows(ブートキャンプ使用)をアップグレード(Mac内はMavericksの状態)して、返り討ちにあったそうですが、それはMacが最新じゃなかったからなのかな?

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...