京都新聞杯の追い切り感想

こちらも取り急ぎ。

アルバートドック
もう少ししっかりして欲しいね。

サトノラーゼン
片目ブリンカー? 動きはマズマズ。

シュヴァルグラン
藤岡弟が騎乗。
相手(アドマイヤバラード)が馬なりなんだよね。
期待している馬だけに相手がオープン馬でも見劣って欲しくなかったな。

スピリッツミノル
あんまり俊敏なタイプじゃないね。
距離が延びるのはプラスだろうけど・・・

スワーヴジョージ
グァンチャーレと併せて先着。
良いものは持っていると思う。
まだまだこれからよくなる馬なんだけど、この段階でどれだけ走れるか興味があるね。

タイセイアプローズ
距離延びて良さそうな馬だね。

ダノンリバティ
硬めの走りだし、距離が延びるとマイナスだろうね。

トーセンバジル
マズマズの動きじゃないかな。

ポルトドートウィユ
走る馬、というのは分かるんだけど、今回どれくらい走れるんだろう。
観ていてちょっと不安になる走りをしていた。

リベレーター
うーん。ここに入るとどうだろうね。

この1頭
スワーヴジョージ
あまり数は多く見てないんだけど、その中で思ったのがこの馬だね。
展開の助けが欲しいけど。

Posted from するぷろ for iOS.

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...