【馬】ニエル賞は相手が強そう! キズナはどこまでやれるか?

日記・コラム 武豊オフィシャルサイト
武騎手のコラム・日記より

武騎手のホームページによると、ニエル賞には英ダービー馬パリ大賞典を勝った馬が出てくるそうです。

ここは歴史あるステップレースですから当然かもしれません。

さて、何処までやれる?

僕が思っている以上に成長が早い(黄菊賞で初めて見た時は古馬になってからだと思っていた)ので、ダービーよりどれだけ良くなっているか、ですね。

この相手で遠征していきなり勝つ、と言うのは難しいでしょうから、内容に注目してます(そりゃ、勝てるなら勝って欲しいですよ!)。

一方、オルフェーヴルは・・・?

同じ日に同じロンシャンでフォワ賞もあります。同日に同場に重賞がいくつもあるなんてJRAではダービーの日くらいしか考えられないw

オルフェーヴルの方は能力的には微塵も心配してませんけど、宝塚回避の影響がどれくらいあるかですね。(宝塚の前に追い切りを)やり過ぎたことがどれだけダメージを残しているのか。

(追記)オルフェーヴルは大丈夫だろう、と思っていたけど、メンバーみたら、キャメロット(昨年の英2冠馬)の名前があるし、他にもG1を3勝している馬もいるらしい。こりゃあ、去年ほど楽には勝たせてくれそうにない!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...