1年後の俺へ! エンベデッドシステムスペシャリスト試験受けてきたんで、対策とか書いとく

10日くらい前になるんですけど、エンベデッドシステムスペシャリスト試験を受けてきました。

結論

結論を先に書くと、午前だけ勉強しておけばあとはどうにかなる

というのは、(午後の)勉強時間0秒の僕でも結構解けたからです。日頃組み込みの仕事をしていることもあって、苦もなく問題に取り組めました。


どんな感じで試験に挑んだか?

ここ2年くらいIPAの試験は受けてません。よって免除も何もありません。

勉強時間

合計30時間くらいやれば合格するだろう(前に読んだ本に30時間くらい勉強すれば資格は取れると書いてたこともある)…とは思っていたのですが、30どころか、10もやったかどうか。会社の集まりで基本情報の勉強会(持ってるけど)やったのを入れると、どうにか10に届くかなぁ…というくらい。

ぶっちゃけ、試験前日が一番勉強した。うん。・・・マネしないでください。

勉強したのは午前のみで午後は捨てた(良くいうと実力勝負)。

こんな状態で受けてきましたよ。

試験の感想

午前1

3年分の過去問をやって行ったわけなのですが、チラホラとその過去問が出てました。

そんなわずか1秒で答えられる問題から先にやりました。

……などとやっていたら、最後のマークを埋めた瞬間に「やめ」と言われて、超絶ビビったんですけど。試験時間を10分勘違いしてました。時計持って行ったまでは良かったのに。

システム監査系の問題が意外にありましたね。

午前2

「えっ…しらねーよ」というような問題から始まりました。いきなり連続して数問間違えてました。ちょっと知識不足のとこがあったかもしれませんね。過去問しかやらなかったし。午前1と同じくらい過去問は出てたかな、と思います。

……やばいな、と思いましたが、自己採点の結果はギリギリ6割。マークミスがないことを祈る。

午後1

1.5時間あるわけですが、最初の問題に時間をかけすぎて、最後の数問が出来ませんでした。

また、あと5分…からはまるで頭が働きませんでした

最後までやってないのでなんとも言えませんが、内容は難しくなかったと思います。

午後1はどの試験も同じですが、スピードが大事ですね。

問題は3問あって、最初のが必須で、あとの2問はどちらか一方を回答します。僕は3の方を選びました。

ちなみに配点は選択問題の方が高いらしい。選択問題から解くことをオススメします。

最初のは満点とっても40点

僕の今回の合否はこの午後1にかかってます(汗

午後2

2問あり、どちらか片方を選択。僕は最初の方を選択。

2時間もあることもあって、楽に回答出来ました。普段仕事でやっていること……ではないですが、その応用(応用か?)なのでそれほど苦にはならなかったです。…これで、ここの点数が悪かったら笑えん。


まとめ

まずは午前の勉強を。余裕があれば午後1を解くスピードを付ける

さて、僕の合否は6/21に分かります(ドキドキ)。

参考書は過去問の本を1冊だけ買いました。結局午前だけしかやってないので、全部使い切れてませんけど。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...