【馬】馬柱と馬券の買い目の説明(今更)

新春S

新春S馬券

昨日の負けをどうにか取り戻し、プラス(ほぼトントンみたいなものだけど)でやり過ごした@bla_tanです。馬券も当たるようになったし、復調気配ですよー。

シンザン記念は久々に予想を公開した形になりましたが、なにやら一杯△があって、「アホじゃねこいつ?」的に思われた方もいるかと思います。

ここで、印の意味と、買う馬券について書きたいと思います。


印の意味

馬券の買い方からしてそう複雑にする必要がないので、印は◎と▲と△の3種類しか付けてません。

本命馬。軸馬。勝つと思っている馬です。どのレースにも1頭しかつけません。

一般的には対抗の意味なのですが、現在のところ使ってません。相手だ、と思う馬は複数いるので後述の▲にしてます。

「3連単フォーメーション(後述)の1着指定の片割れは○評価でよくね?」とも思いますが、まずは大雑把に印を打っているので、使ってません。一度○にすると覆しにくい気もして・・・。

◎の次に好走しそうな馬。1〜3頭選びます。

好走する可能性がありそうな馬。というよりは、走らない可能性がゼロでは無いと思う馬、と言った方が正確でしょうか。

灰色

はっきりこないと言い切っても良い馬。こない理由を明確に言い切れる馬。自信を持って消せる馬。

馬券

馬券は以下のように買います。気をつけて欲しいのはこれ以外の馬券は一切買わない、これのルールに外れた馬券も一切買わないというところです。複勝とか当てやすいですけど買いません。

3連複フォーメーション

◎ ー ▲(1〜3頭) ー ▲と△(合計12頭まで)
▲と△の合計が12頭以上いるときはやめます。買いません。どうせ当たりません。最大で30点。100円ずつ。例外があって、18点以下にできるときは合計が4000円を着るように調整します。18点だと200円ずつ買います。

3連単フォーメーション

◎と▲(1頭) → ◎と▲(1頭) → ▲(2頭)と△(最も高く評価できるもの1頭)
合計6点。これは100円ずつしか買いません。当たったら儲け的な馬券です。天皇賞とか中山金杯とか当たったら儲け的に当たりましたけどねw

購入例(シンザン記念)

シンザン記念

今日のシンザン記念を例に取ってみるとこういう買い方になります。

シンザン記念の馬券

3連複

馬柱からも分かるように◎は12番。▲は4,5,12の3頭で、△は2,4,5,6,8,9,11,14の8頭。合計18点。4000円未満になるようにうまいこと調整し、各200円買いました。

3連単

◎を負かすとすれば・・・と考えて、負かしそうと思ったのが嵌まったときの4番。これと◎と1,2着に記入。3着は▲残り2頭と、△の中から素質は高いと思われる6を抜擢し、3連単は100円ずつ6点購入。

結果

上の図を見れば分かるとおり、3連複だけが的中し、9520円の払い戻し。穴馬から行った割には安かったですね。基本的に高配当を狙った買い方なのですが、うまくいかなかったようです。まぁ、こんな事もあります。

まとめ

3連複を使って高配当を目指します。多くのお金をかけるより、この方が性に合うようです。心臓にも悪くないし。

あ、この記事のトップにある馬柱&購入馬券も参考にしてください。いちおうルール通りに買っているはずですから。

僕の買い方はこの本がベースになっています。・・・買い方のベースにはなってますが、予想のベースにはなってませんけど・・・。

この本の買い方には5つのステップがあるのですが、現状は最初のステップです。収支によりステップアップしていきたいのですが・・・ね(汗。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...