【馬】天皇賞を検討してみる

天皇賞

ユニヴァーサルバンク

古馬の重賞クラスになると頭打ちかな、とは思う。が、オープン特別レベルで、スタミナ勝負になると善戦できる様子。追い切りは良く動いているけど、Pコースだし、過大評価はできない。実績通りに扱うのが良いのではないか。

ゴールデンハインド

逃げ脚は怖い・・・が万葉Sの着差とメンバーからすると、いかにうまく逃げれたとしても、やはり厳しいか。ケイアイドウソジンより内枠なので、こちらが逃げれるのではないかとは思うが・・・。

ケイアイドウソジン

日経賞で内のネコパンチに花を譲ったように何が何でも・・・と言う気がなければ逃げることができなさそう。となると脆いか。

コスモロビン

道中の感じからすると、渋った馬場はあまり美味くないのかな。しかし、軽い馬場が得意なようにも見えない。厳しいかな。

ウインバリアシオン

「去年の3歳馬は2頭が抜けてて、でもその2頭にも差がある」というのが、菊花賞の時の僕の印象。結果もその通りになったので間違ってないと思う。日経賞は追い切りを見たときは正直どうかと思ったが、ルーラーシップを狙い撃ち&馬場適性で先着。今回はだいぶ良くなったとは思うが、菊花賞のときと重ならない。まだ良化途上なのではないか。

クレスコグランド

パワー型かな、と思わせる馬体。今日の京都はどうか。

トウカイパラダイス

京都に実績があるのでその点は問題なさそうだが、この枠、この相手となるとどうだろう?

ナムラクレセント

去年の3着馬。自分から動ける展開が理想。先手をとりたいところだが、前走を見れば分かるようにスタートがよろしくない。フルゲートの3番枠で出遅れた場合、巻き返しは楽ではない。その点は割り引きたい。

オルフェーヴル

阪神大賞典のレースを見て「化け物か」と多くの人が思ったと思う。天皇賞は決まったな!そう思った・・・が、再度まさかの大外枠。圧倒的な単勝人気。再試験のためのストレス・・・。絶対にアタマで信用できるか、というとNo。ただし、力は圧倒的に上なので馬券からは外せない・・・こういうレースは何かの複勝かこの馬とのワイドがいいような気がする。

トーセンジョーダン

大阪杯は追い切りを考えるとまずまずの内容。叩いて明らかに良化したし、あとはいかにいい位置につけるか、か。距離はやってみないと分からない・・・。

ヒルノダムール

今年も内枠なら・・・と思ったが、あいにくの外枠。いかにズルく乗れるか。あとシャドーロールの効果に期待したい。個人的には有馬記念は不利を受けて負けただけと思っているので、リベンジしたいところだが・・・。

ギュスターヴクライ

阪神大賞典は大半を内ラチピッタリ回った結果。おまけに他馬とは2〜3kg斤量差があったので、その分を差し引きすると、掲示板の隅っこくらいではないか。

ジャガーメイル

枠が良くて、京都も合う・・・というのを唯一(ナムラクレセントはスタートの問題さえなければ入った)満たす馬。ここから攻めてみたい。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...